滋養強壮食品

安心高品質のすっぽん

技術大国日本。
物作りの国日本。
日出ずる国日本。

日本を褒める言葉はいろいろあります。
事実、日本は様々な分野で世界をリードしてきました。
しかし残念ながら他国に大きく引き離された分野も数多く存在します。

サプリメントもその一つ。
サプリメントの本場アメリカに比べるとあらゆる面で大きく劣っているのが現状です。
アメリカというと農薬をたくさん使っている、BSE問題、と食の安全性が確保されていないイメージですが、ことサプリメントについては規模・品質・管理体制とも世界一です。

アメリカでは1994年にはすでにダイエタリー・サプリメント健康教育法という法律が制定されています。
これはサプリメントを「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義し、それに関することをまとめた法律です。
サプリメントに関することすべて(開発・製造・営業・販売など)はこれをもとに行われています。
日本にサプリメントを食品とひとくくりにしており、それだけを扱った法律はありません。
この段階で大きな差を付けられています。

この法律で特に厳しく定められているのは、表示です。
入っている成分はもちろん、使い方(飲み方・分量など)から効果・効能まで全て書くことが許されています。
アメリカは医療費が高い国ですから、国民は病気の予防に特別大きな関心を持っています。
サプリメントメーカーはこの目にさらされながら商売をしているため、変な噂が立とうものなら、たちまち倒産してしまいます。

それに比べて日本国内では、サプリメントは食品ですから飲み方や効果・効能について書くことは薬事法違反になります。
食品ですから害さえなければ何を入れていても、入れるべきものが入っていなくても文句は出ません。
消費者の目もそれほど厳しくありません。

もちろん、日本国内でサプリメントに関わる業者はまじめに頑張っているところが大半でしょう。
ただメーカーからの情報だけが便りの日本のサプリメント業界で本物に出会うことがアメリカより難しいのは間違いないでしょう。

しかし日本の消費者もバカではありません。
知恵を付けてきています。
ユーザーの情報発信力をメーカーが無視できなくなってきました。

たとえば根強い人気のすっぽんサプリメントの中で常に上位を維持する「すっぽん小町」。
すっぽんには良質のコラーゲンを始め、健康・滋養強壮・美容に欠かせない栄養素を豊富に含む食材ですが、サプリメントとなると玉石混淆です。
その中で厳しいユーザーからこれだけの評価を得ているのは特筆に値します。

原材料を見ればその理由は一目瞭然。
高級すっぽんとして名高い「はがくれすっぽん」を使っており、原材料はすっぽん粉末とサプリメントとしての形状・品質を保つ最小限の材料だけ。
これぞ本物、と呼べる骨太な内容になっているのがわかります。

Menu